【サポートアーティスト北尾亘カンパニー公演】Baobab Repertoire Showcase 2017

2017年1月26日

サポートアーティスト・北尾亘が率いるBaobabの過去作品と新作ソロ作品を上演!

圧倒的な身体能力により、舞台上で観客の目をひきつける北尾亘が、自身が主宰するBaobabの過去作品『TERAMACHI』『笑う額縁』と、新作ソロ作品『2020』の3作品を急な坂スタジオのホールでオムニバス上演します。

“TPAM in横浜2017″参加 Baobab Repertoire Showcase 2017

振付・構成・演出:北尾亘

“TPAM in横浜2017″参加を機に、この眼差しが海を渡ることを願ってやまない。
                          Baobab主宰・北尾亘

PrintBaobab201702_back

■上演作品

*『TERAMACHI』60min. [A]
京都は”寺町通り”に着想を得て、日本特有の身体性や美意識にフォーカス。
Baobabが唱え続ける「土着的身体」が織り交ざった独特のコレオグラフィーが、群舞の熱を帯びて凛としながら力強く地を揺らす。
2014年の初演時には大盛況をいただいたコンセプチュアルな秀作が、蘇る。

出演:北尾亘 米田沙織 傳川光留 / 岡本優(TABATHA) 中川絢音(水中めがね∞) 中村駿
楽曲提供:岡田太郎

*『笑う額縁 -Laughing Frame-』30min. [B]
数々のフェスティバルで繰り返し上演し続けた真骨頂的作品。
ダンスを“絵画”に置き換え、“額縁”という枠組みを飛び越えようと勇むダンサーの姿を描く。
笑いながらそれをのみ込む“ダンスの枠組み”に対し、時にアンチテーゼをはらみながら奔走するキッチュな側面を兼ね備える。
2012年吉祥寺シアターでのフェスティバルで衝撃を残した今作。
日本各地の野外フェスティバルを沸かせ続け待望の屋根付き上演。

出演:北尾亘 米田沙織 目澤芙裕子 / 岡本優(TABATHA)

*『2020』20min. [B]
舞台芸術の世界を駆け抜けるその肉体には、多くの身体性と理論が渦巻く。
様々な影響をタイムリーに受け止めてしまう“多動性”と呼ぶべき身体性を逆手にとり、あらゆる「かりそめ」をユニフォームにして繰り出されるメタモルフォーゼ。
痛快にして痛切、北尾渾身の新作ソロ。
「東京オリンピックの先にはどんな世界が待っているのだろう」

出演:北尾亘

■公演詳細

日程:2017年 2月16日(木)〜19日(日)
16日(木) 16:00 [A] / 20:00 [B]
17日(金) 14:00[B]
18日(土) 16:00[B] / 20:00 [A]
19日(日) 14:00[A]

[A]:『TERAMACHI』
[B]:『笑う額縁 -Laughing Frame』『2020』
※受付開始は開演の30分前、開場は20分前です。

会場:急な坂スタジオ ホール
※京浜急行線 日ノ出町駅から徒歩7分
※JR・市営地下鉄線 桜木町駅から徒歩15分

料金:
[前売・全席自由]
一般2,500円 学生2,000円 高校生以下1,000円
[ABセット券]
一般4,000円 学生3,000円 高校生以下1,500円
[TPAM PASS]
300円引
http://www.tpam.or.jp/2017/
[ダンコレ割]
横浜ダンスコレクション2017演目の半券提示で、300円キャッシュバック!
http://yokohama-dance-collection.jp/

チケット取り扱い:
〈Baobab〉
発売日:2017年1月9日(月)10:00
メールでのご予約の際は、タイトルを「チケット予約」とし、
下記をご明記の上、baobab.k08@gmail.comまでご送信下さい。
・お名前(ふりがな)
・希望日時
・券種
・枚数
・電話番号
・E-MAILアドレス

<カルテットオンライン〉 ▶こちらからご予約ください。

スタッフ:
振付・構成・演出:北尾亘
舞台監督:熊木進 久保田智也
照明:富山貴之
音響:相川貴
宣伝美術:office NYUU design
当日運営:和田幸子 白井美優
サポートスタッフ:久津美太地
プロデューサー:目澤芙裕子

特別協力:急な坂スタジオ
協力:横浜ダンスコレクション2017
主催:Baobab

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。