レジデントアーティスト
柴 幸男

劇作家・演出家・ままごと主宰


1982年生まれ、愛知県出身。
「青年団」演出部所属。

日本大学芸術学部在学中に『ドドミノ』で第2回仙台劇のまち戯曲賞を受賞。2010年に『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞。

何気ない日常の機微を丁寧にすくいとる戯曲と、ループやサンプリングなど演劇外の発想を持ち込んだ演出が特徴。
全編歩き続ける芝居『あゆみ』、ラップによるミュージカル『わが星』、一人芝居をループさせて大家族を演じる『反復かつ連続』など、新たな視点から普遍的な世界を描く。

あいちトリエンナーレや瀬戸内国際芸術祭への参加、象の鼻テラス(横浜)での滞在制作、劇団うりんこ(名古屋)での新作児童劇の創作など、様々な演劇表現を模索しながら全国各地にて精力的に活動している。

2014年8月には、『わが星』の世界観を引き継いだ東京での2年振りの長編新作『わたしの星』を、オーディションで選ばれたオール高校生キャストで上演する。

ままごと

柴幸男に関するニュース全てのニュース ▸

アンティーク

上映会企画!ANTIQU vol.1&ままごと「星の記憶 -わが星@小豆島滞在記-」

稽古場で生まれた作品たちは、観客と出逢うために出かけて行きます。
一度出かけて行った作品たちが、映像作品として、稽古場に帰ってきます。

2016年9月8日

急な坂ワークショップVol.26 わが星 ラップワークショップ&レコーディング 「00:00:00」ワークショップ ツアー6/10-12

本編の半分以上が【音楽】と【歌】と【ラップ】で語られる作品世界を再現するかのような、
ラップと演劇のステキな出逢いを体感する、わが星ワークショップ。

2011年5月10日

特別対談『ここだけのはなし 〜柴幸男×藤田貴大の場合

坂あがりスカラシップ2010対象者、藤田貴大(マームとジプシー主宰)と、2010年4月より急な坂スタジオのレジデント・アーティストとなった柴幸男(ままごと主宰)による特別対談を行いました。偶然にも再演作品の稽古真っ最中の […] 2011年1月28日

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。