連続パフォーマンス企画「BATIK100会」開催!(6月19日〜22日)

 コンテンポラリーダンスの公演は「週末のみ」「3ステージのみ」といったものが多く、ロングラン公演を実施することは現実的ではありません。それは予算であったり、動員数であったり、様々な理由があるでしょう。
 限られた回数の上演では、新しい観客との出逢いが少なくなってしまうとともに、ダンサー自身や作品そのもののブラッシュアップの機会も減っていってしまいます。
 急な坂スタジオという創造環境だからこそ出来ることをBATIKの皆さんに考えていただき、年間を通して100回の公演に挑戦することにしました。BATIKのレパートリーの中から数作品をセレクトし、定期的にスタジオパフォーマンスを実施します。
 
 ダンサーも作品も観客の皆さんに観てもらうことで進化しつづけていくはずです。劇場のような装置・照明・音響設備は用意出来ませんが、稽古場ならではの距離感をお楽しみいただけるはずです。この挑戦に、ぜひお立ち会いください。

「BATIK100会」その2 『春の祭典』(振付:黒田育世)
2019年6月19日(水)〜22日(土)

〜『落ち合っている』から『春の祭典』へ
ソロから群舞へそしてまたソロへ〜

この『春の祭典』は『落ち合っている(2014年初演)』というデュエット作品の中での劇中劇に位置するもので、ストラヴィンスキーによる楽曲『春の祭典』の前半部分は私のソロ、後半部分がBATIKダンサーのソロでした。
二人の秘密の会話のような作品進行の中で、その劇中劇は、2人によって語られた会話の一部「母となったある女の悲惨な一生」を「暴露」する必要を背負いました。
どうあれ踊りは何かの「暴露」をしてしまうきわどい力を持っています。

初演から数年後、様々な経緯を経て、この作品の再演の可能性をBATIKのダンサーと探り続けることになります。
結果『落ち合っている』からこの劇中劇『春の祭典』が「一人歩き出し」、一つの「独立した」作品に成長していきました。
私が踊っていた前半部分をBATIKの一人に委ね、後半部分を群舞に構成し直し幾度かの上演を重ねて参りました。

今回BATIK100会での『春の祭典』の上演の機会を頂き、『落ち合っている』が辿った成長のように、今度は『春の祭典』にBATIKのダンサーを「一人歩き出せる」よう育てて欲しい、そう願って全編ソロで構成し直し新たな『春の祭典』を上演する覚悟を決めました。
BATIKの誰もがBATIKでありながら「独立」した強くかけがえのない存在であれるよう願っていますし努めて参ります。

『落ち合っている』は初演時、2014年9月に4日間5回公演5キャストで実施されました。
私のパートナーを毎回違うBATIKダンサーが日替わりで踊ってくれたのです。
BATIKのダンサー一人一人と一対一で向き合い伝えたいことがあった為とった上演形態です。
「私はBATIKダンサーであるあなたを愛しています」という「暴露」です。

ダンスが「暴露」の力を失いませんように。

2019年6月吉日
黒田育世

—–

出演者:
大江麻美子、大熊聡美、熊谷理沙、政岡由衣子

※上演回によって出演者が変わります。詳細はタイムテーブルをご覧ください。

タイムテーブル:
6月19日(水) 19時00分(大江)/20時30分(政岡)
  20日(木) 19時00分(大熊)/20時30分(熊谷)
  21日(金) 14時00分(大熊)/15時30分(政岡)
  22日(土) 14時00分(熊谷)/15時30分(大熊)

※上演時間は約45分を予定しております。
※受付開始は開演の20分前、開場は5分前です。

会場:急な坂スタジオ

券種・料金:
* 1回券 1,000円 ※1drink付き。(日時指定)
* 1日券 1,500円 ※1drink付き、その日上演される2回の公演をご覧いただけます。(日にち指定)
* フリーパス 5,000円 ※各日1drink付き、4日間どの回にお越しいただいてもOKな観放題券です。(枚数限定・要予約)<フリーパスのご予約受付を終了しました>

ご予約:以下のフォームよりお申し込みください。
<6月19日、20日、21日14時の回、フリーパスのご予約受付を終了しました>

お問い合わせ:急な坂スタジオ
TEL 045-250-5388
MAIL toiawase★kyunasaka.jp 
※★を@に変えてお送りください。

◆BATIKプロフィール

黒田育世の振付による創作を中心としたダンスカンパニー。02年に設立、主な作品に『SIDE B』『SHOKU』『ペンダントイヴ』『おたる鳥をよぶ準備』など。17年に新作『THE RELIGION OF BIRDS』を発表、各地で好評を博した。これまでにダンスアンブレラ・フェスティバル、ベネチア・ビエンナーレ、スペイン・サラゴサ万博、シンガポール・インターナショナルフェスティバル・オブ・アーツなどに招聘され、世界16カ国で作品を上演。敢えてバレエのテクニックを基礎にもったカンパニーとして、多様化するコンテンポラリーダンスの表現の中で「踊ること」にこだわった活動を行っている。
HP|http://batik.jp/
Twitter|https://mobile.twitter.com/otarudori
Facebook|https://m.facebook.com/batik.2002/
Instagram|https://www.instagram.com/batik_dance/

—-
▶新規サポートアーティスト・急な坂の新しい取り組みについて

その1 BATIK小作品集

★上演作品・出演者

『鱗粉の海』
出演:熊谷理沙(25日、28日)/田中すみれ(24日、27日)
演奏:松本じろ

『all this smile』
出演:大江麻美子
演奏:松本じろ

『テトラ me』
出演:政岡由衣子

『モニカモニカ』
出演:大熊聡美
演奏:松本じろ

—–

日時:2019年4月24日(水)〜28日(日)
4月24日(水) 20時00分 <ご予約受付を終了しました>
  25日(木) 20時00分 <ご予約受付を終了しました>
  26日(金) 休演日
  27日(土) 14時00分 <ご予約受付を終了しました>
  28日(日) 14時00分 <ご予約受付を終了しました>

※上演時間は約1時間を予定しております。
※受付開始は開演の30分前、開場は20分前です。
※未就学児童の方もご覧いただけます。

会場:急な坂スタジオ

料金:1,500円(1drink付き)
※稽古場での上演のため、席数が少なくなっております。お早めのご予約をオススメします。

ご予約:以下のフォームよりお申し込みください。
※受付を終了しました。当日券は若干枚の発売を予定しております。

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。