マリアーノ・ペンソッティ (劇作家・演出家)

1973年、ブエノスアイレス生まれ。90年代から映画監督として活動を始め、2000年代より演劇作品の演出・劇作も手がけるようになる。「Ojos Ajenos」(2000)、「Trieste」(2001)、「Los 8 Julio」(2002)、「El Rio」(2004)などの作品はアルゼンチン国外でも注目を集め、2004年にはベルリンのヘッベル劇場との共同製作で「Los Muertos」(ベアトリズ・カタとの共同演出)を発表。
2005年、ブエノスアイレス国際演劇祭で「La Marea」を発表、その後ブリュッセル、ベルリン、リガ、ダブリンなどで、その都市のコンテクストに合わせたバージョンを発表し、絶賛された。2007年の新作「Interiores」では、「La Marea」に参加した他ジャンルのアーティストたちと再度コラボレーションをし、集合住宅全体を使ってのパフォーマンスを実現させた。今後の活躍が期待される注目のアーティストである。

Mariano Pensotti (Playwright, Director)

Mariano Pensotti (Playwright, Director)
Born in Buenos Aires in 1973. Started his career as a film director in ‘90s and started working for the theater as a playwright and director in 2000s. His works, such as “Ojos Ajenos” (2000), “Trieste” (2001), “Los 8 Julio” (2002) and “El Rio” (2004), had been acclaimed internationally. “Los Muertos” was co-produced and premiered at the Hebbel Theater in Berlin in 2005, in co-direction with Beatriz Catani. In September 2005, “La Marea” was premiered at the 5th Festival Internacional de Buenos Aires. The work has been presented and received great applause in Brussels, Berlin, Riga and Dublin, adapted into the context of each city. In the latest work, “Interiores” (2007), he has used a whole apartment house for the performance, in collaboration with the artists who took part in “La Marea.”

マリアナ・ティランテ(舞台美術家・衣装デザイナー)

1976年生まれ。エルネスト・デラ・カルコバ美術学校で、舞台美術と衣裳デザインを学ぶ。ペンソッティの作品に多く参加し、重要な役割を担っている。第5回、第6回ブエノスアイレス国際演劇祭のテクニカルディレクターを務めた。

Mariana Tirantte (Set Designer, Costume Designer)

Born in 1976. Studied set and costume design at the Escuela Superior de Bellas Artes “Ernesto de la Carcova.” She has been in charge of the set and costume design for most of Pensotti’s works. She was appointed technical director of the 5th and 6th editions of the Festival Internacional de Buenos Aires.

マティアス・センドン(照明家・舞台美術家)

1973年生まれ。照明デザインと映画を学んだ後、演劇やダンスの照明家としてアルゼンチン国内外で活躍している。シュテファン・ケーギ、ローラ・アリアスらの作品にも参加。

Mati?s Send?n (Lighting Designer, Set Designer)

Born in Buenos Aires in 1973. He studied light design with Mauricio Rinaldi, Gonzalo Cordova and Eli Sirlin. He also studied cinema at the Escuela de Cine de Avellaneda and art at the Escuela Normal Superior. In theatre he has developed several plays as light designer with different directors in Argentina and abroad. He has worked with Mariano Pensotti, Stefan Kaegi and Lola Arias.

脚本・演出:マリアーノ・ペンソッティ / Text and Direction : Mariano Pensotti

美術・衣装:マリアナ・ティランテ / Set and Costume : Mariana Tirantte

照明:マティアス・センドン / Light : Mati?s Send?n

音楽:フェデリコ・マラル / Music : Federico Marrale

製作:ブエノスアイレス国際演劇祭 / Production : Festival Internacional de Buenos Aires 横浜バージョン共同制作:急な坂スタジオ / Yokohama version Co-production : Steep Slope Studio 出演:オーディションにより選出された16名の俳優 / Cast : The actors and actresses selected by the audition 日本スタッフ / Project Team in Japan ディレクター:相馬千秋(急な坂スタジオディレクター) / Producer : Chiaki Soma (The Director of Steep Slope Studio) 翻訳:岸本佳子 / Translator : Yoshiko Kishimoto 宣伝美術:先崎哲進(TETUSIN) / Design : Takayuki Senzaki (TETUSIN) 舞台チーム:清水義幸+カフンタ / Stage team : Yoshiyuki Shimizu + Kafunta清水義幸、有島由生、井上達夫、江連亜花里、小川信濃、角隆司、武田幹也
Yoshiyuki Shimizu, Yu Arishima, Tatsuo Inoue, Akari Ezure, Shinano Ogawa, Takashi Kado, Kanya Takeda 技術制作:細川浩伸(急な坂スタジオ) / Technical Manager : Hironobu Hosokawa (Steep Slope Studio) 制作:米原晶子(急な坂スタジオ) / Production Manager : Akiko Yonehara (Steep Slope Studio) 制作補:並河咲耶、米山淳一 / Production Assistant : Saya Namikawa, Junichi Yoneyama