サポートアーティスト
山本卓卓

範宙遊泳代表・劇作家・演出家

1987年生まれ。山梨県出身。
舞台上に投写した文字・写真・映像・色・光・影などの要素と俳優を組み合わせた独自の演出と、観客の倫理観を揺さぶる問いのある脚本で、日本国内のみならずアジア諸国からも注目を集め、マレーシア、タイ、インド、シンガポールで公演や共同制作を行っている。

『うまれてないからまだしねない』で第59回岸田國士戯曲賞最終候補ノミネート。
『幼女X』でBangkok Theatre Festival 2014 Best Original Script(最優秀脚本賞)・Best Play(最優秀作品賞)を受賞。
公益財団法人セゾン文化財団2015年度・2016年度ジュニアフェロー。
2012年より、一人の俳優に焦点を当て生い立ちから掘り下げて作品化するソロプロジェクト「ドキュントメント」も主宰している。

山本卓卓に関するニュース全てのニュース ▸

dokyu1

ドキュントメント「となり街の知らない踊り子」シドニー公演!

サポートアーティストの山本卓卓・北尾亘の海外公演情報!

2017年3月31日

となり①

TPAM2016 ドキュントメント「となり街の知らない踊り子」特設ページ

TPAM2016・加藤弓奈ディレクションで再演される、ドキュントメント「となり街の知らない踊り子」特設ページをオープン!

2016年3月8日

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。