イベントに関するニュース

トークセッション 矢内原美邦×中野成樹「で、チェーホフどうよ?」3/16(火)開催!

急な坂スタジオのレジデントアーティスト同士ながらも、今まであまり接点のなかった二人。ところが二人には大きな共通点があったのです。それが『チェーホフ』!
矢内原は『三人姉妹』や『桜の園 』、中野は『熊』や『かもめ』。それぞれ取り組む作品は異なれど、偉大な劇作家チェーホフに挑んでみて、実際どのように感じ、その面白みを自分の作品へと昇華させるのか・・・

2010年2月16日

ツアーパフォーマンス「赤い靴クロニクル」高山明(Port B)3/6~3/14

話題作『個室都市 東京』など、演劇の境界線を刷新し続けるアーティスト、高山明(Port B)。
3年間にわたるリサーチを経て、ついに横浜が演劇的実験場となる。

2010年2月6日

坂あがりスカラシップ2009対象公演/岡崎藝術座「リズム三兄妹」2/27-3/2

坂あがりスカラシップ2009対象者、演出家・作家の神里雄大による、演劇公演。
2008年こまばアゴラ劇場にて初演し、好評を得た演劇作品『リズム三兄妹』の再演です。

2010年1月17日

坂あがりスカラシップ2009対象公演/岩渕貞太「細胞の音楽」1/29-31

空間が人を動かし、人の動きが新たな空間を作る。
終わらない対話、あらわれる世界。

2009年12月15日

急な坂スタジオ国際交流レジデンス事業『Cargo Tokyo-Yokohama』12/7PPT開催!

人々の記憶や想いを採集し、鋭くユーモラスなパフォーマンスに変換するドキュメンタリー演劇の新風、リミニ・プロトコル。来日3回目となる今回のテーマは「物流」。2006年に発表した野外パフォーマンスの傑作『Cargo Sofia-X』のコンセプトをもとに、2か月にわたる横浜での滞在制作を経て、オリジナルバージョンを発表。

2009年10月8日

滞在制作レポート『ジゼル・ヴィエンヌ2010年新作プロセスを語る』開催!

急な坂スタジオでは9月の約2週間にかけて、2010年に発表される国際共同作品の滞在製作が行われています。その中心アーティストであるジゼル・ヴィエンヌとコラボレーターたちを囲み、今回の製作プロセスやこれまでの作品を映像とともに紹介するカフェトークを開催します。

2009年8月12日

アリス・プロジェクト『不思議の国のアリス』

ワークショップの中で生まれた参加者の日常やアイデアと『不思議の国のアリス』のストーリーやキーワードの交差を、仲田恭子による構成・演出で作品化し、上演します。

2008年9月13日

中野成樹 演出『Zoo Zoo Scene ずうずうしい』再び! 9/25-27

昨年春、レジデント・アーティスト中野成樹が野毛山動物園を会場にして好評を得た『Zoo Zoo Scene』。
観劇を望む多くの声とご期待に応えるべく、今年秋の再演が決定です!

2008年7月13日

中野成樹 誤意訳・演出 『Zoo Zoo Scene(ずうずうしい)』 5/17, 18 野毛山動物園にて公演!

既存の海外戯曲を、ぐっと身近に引き寄せる演出で注目を集める中野成樹(急な坂スタジオ レジデントアーティスト)が、アメリカ現代演劇の金字塔、エドワード・オールビーの『動物園物語』に挑みます。会場は、なんと野毛山動物園。
当日は急な坂スタッフアテンドによる動物園ツアー→Zoo Zoo Sceneの上演→ゲストを招いたトークイベント「Monthly Art Cafe vol.18」を開催。あらゆる角度から演劇の面白さを探ります。またとないこの機会をお見逃しなく!

2008年4月17日

急な坂スタジオ×Y-GSA リノベーション・プロジェクト

急な坂スタジオでは、エントランス、カフェ、ラウンジスペースなど、共有部分のリノベーションを行なうにあたり、今年度より馬車道にスタジオをかまえ、新たに誕生した横浜国立大学大学院/建築都市スクール“Y-GSA”の学生を対象とし、急な坂スタジオ建築リノベーション・コンペを実施しました。
Y-GSA教授陣、急な坂スタジオ関係者によって行われた公開審査(6月19日、急な坂スタジオ)にて選出された作品についてお知らせします。

2007年6月1日

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。