坂あがりスカラシップ2011対象公演/木ノ下歌舞伎「三番叟/娘道成寺」2/17-2/20

sambaso_musume-dojoji

「三番叟/娘道成寺」

坂あがりスカラシップ2011対象者、木ノ下裕一主宰による木ノ下歌舞伎。
2008年、京都と東京で大きな反響を起した木ノ下歌舞伎初の舞踊公演、『三番叟/娘道成寺』の横浜での再演が決定しました。
杉原邦生演出の『三番叟』ときたまりのソロで贈る『娘道成寺』の豪華二本立て。
古典芸能屈指の大曲が、コンテンポラリーダンスとして現代に蘇る!

公演概要

監修
木ノ下裕一

『三番叟』

演出:杉原邦生
出演:芦谷康介 京極朋彦 竹内英明

『娘道成寺』

演出・振付・出演:きたまり
スタッフ
美術:杉原邦生 照明:魚森理恵 音響:齋藤学 衣装:清川敦子
舞台監督:大鹿展明 制作:本郷麻衣
チケット(全席自由 前売・当日共)
一般\2,800/学生\2,300
TPAM特典:TPAMパスをお持ちの方は\1,000でご観劇いただけます。
日程
2012年2月17日(金)~20日(月)
2/17(金)20:00★
2/18(土)15:00
2/19(日)18:00
2/20(月)14:00 18:00

※ご予約のお引換及び当日券の販売は開演の40分前、開場は開演の20分前より。
※全ステージ終演後、トーク有り。★17日(金)トークゲスト:野村誠[作曲家]
会場

rhythm
のげシャーレ(横浜にぎわい座B2)
TEL045(231)2525
横浜市中区野毛町3丁目110番1号
JR・地下鉄「桜木町」駅・徒歩3分
(野毛ちかみち南1番口より80m)
京浜急行線「日ノ出町」駅・徒歩7分

チケット取り扱い
木ノ下歌舞伎 予約フォーム
 電話 080-3833-9879
お問い合わせ
木ノ下歌舞伎 http://kinoshita-kabuki.org/
にぎわい座 045-231-2525

TPAM ディレクションPlus
京都芸術センター制作支援事業
“坂あがりスカラシップ2011″対象公演
共催:坂あがりスカラシップ(急な坂スタジオ・のげシャーレ・STスポット)
企画・製作・主催:木ノ下歌舞伎

主宰プロフィール

Yuichi Kinoshita

木ノ下裕一(木ノ下歌舞伎主宰・演出家)

1985年生まれ。京都造形芸術大学大学院 芸術研究科芸術専攻(博士課程)在籍。
小学校3 年生の時、上方落語を聞き衝撃を受けると同時にその日から独学で落語を始める。古典芸能への関心を広げつつ現代の舞台芸術を学び、古典作品上演の演出や監修を自らが行う木ノ下歌舞伎を立ち上げる。木ノ下歌舞伎では『四・谷・怪・談』(06 年10 月・作:鶴屋南北)、また「菅専助-見知らぬ作家-」として『摂州合邦辻』(08 年12 月)、『桂川連理柵』(09 年6 月)、『伊達娘恋緋鹿子』(09 年10 月)を演出し、本作品はF/T09 秋「演劇/大学 09 秋」でも再演され話題を呼んだ。最近の演出作品に『俊寛』(10 年10 月・作:近松門左衛門)がある。また、古典芸能に関する執筆、講座なども精力的に行っている。

木ノ下歌舞伎 http://kinoshita-kabuki.org/

坂あがりスカラシップ

坂あがりスカラシップは、横浜の劇場・稽古場である急な坂スタジオ・のげシャーレ・STスポットが各館連携のもと、稽古から劇場上演までトータルサポートする舞台芸術の創作支援プログラムです。
劇場や稽古場を無償で提供し、制作段階において生じる様々な課題を共に考え、長期的な視点でアーティストやカンパニーを応援してゆきます。

ニュースカテゴリ

レジデントアーティスト

サポートアーティスト

これまでのアーティストたち

メールニュース

急な坂スタジオの最新情報を配信しています。